2013年02月26日

薪ストーブ倶楽部(仮称)の活動

こんにちは、どっぽ村民のりえです。
どっぽ村のワークショップがきっかけで上山田へ住み着いて、早5年。
ここでの暮らしを紹介していきます〜。

先日、薪ストーブユーザーが集まって、薪の伐採・搬出を行いました。
画像 005.jpg

場所はどっぽ棟がみえる北側、すぐ近くの山です。道の脇の敷地なので、手動の搬出も楽チン(見てる限りでは・・)杉やハンノキなど、数本を伐採しました。

伐採担当はうちの旦那。森林組合に勤め、「木こり」を仕事としているので、こんな時が出番です☆
(もちろん、薪も頂きたくて)
画像 011.jpg

ハンノキはねばりがなく、チェーンソーで追い口を切り始めて倒れかけたら、あっという間、ものすごい速さで倒れていきました。そして、地面に響く音。体の中に響きました。
大きな木の、大きな命を頂いた瞬間です。

画像 024.jpg

うちもちびっこ(2歳)も参戦して、ロープを引っぱりました。

画像 019.jpg

倒れたら、みんなで短く切って、道へと運び出しました。
そして、みんなで山分けです。
画像 008.jpg


この地域には、薪ストーブを入れているお家が数件ありますが、みんなが山を所有しているわけではありません。なので、地元の人から「ちょいと、伐っておくれよ」と頼まれたり、「使っていいよ」と言って頂いた山の木を使わせてもらってます。

理想を言えば、薪には広葉樹がいいのですが、回りのお山にあるのはほとんどがスギ。だから、スギを使ってこそ、ここに暮らす意味があります。

しっかり乾燥させて、来シーズン使えるといいな。
posted by どっぽ村 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62940414

この記事へのトラックバック