2010年06月14日

もへじ窯陶芸倶楽部だより その2

皆様お元気でしたでしょうか。
仕事がすこし忙しかったとゆーのは言い訳で、生来のナマケグセが出てしまいました。
半年ぶりの復活、イノマタです。

6月から「もへじ窯陶芸倶楽部」基礎コースを開講しました。
のんびり、ゆっくり、じっくりと陶芸を楽しめるような工房にしたいと思っています。
これから少しずつ、陶芸の技法や工房の様子をお知らせしていくつもりですので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
(基礎コースの詳しい内容はこちらでご確認ください)

半年間ブログをさぼっていたあいだ何をしていたかといいますと、釉薬の調合と窯のテスト焼成、あと月2回程度の『作陶体験会』を開催しました。
窯のほうは都合6回ほど本焼きを行い窯の調子がだいたいわかって来たところです。

で、工房の入り口に看板がいるだろうとゆーことで、1月の終わりに看板作りをしました。
まず、適当な板を清水棟梁のところからもらって来て、それに土を薄く貼付け文字の下書き。
kanban01.jpg

文字をくりぬき、
kanban02.jpg

バーナーであぶり、文字を焦がし、
kanban03.jpg

土をはがして、
kanban04.jpg

出来上がり。
kanban05.jpg

入り口の上に揚げたところ。
kanban05.jpg

次回以降は作陶の行程や会員さんの作品などを順次UPしていこうと思っています。

『どっぽ村』のニュースとしては、もへじ窯のとなりに染織り工房の建築が始まりました。
春から、基礎工事がされてて、6月12日(土)に棟上げがありました。
someori01.jpg
ちょうど、去年の今頃はもへじ窯の棟上げも終わり、トンカチ片手の毎日だったことを懐かしく思い出しました。

最後におまけ。
今年の1月の初め頃の大雪の時のどっぽ村の拠点施設の画像です。(のが多すぎる)
yuki01.jpg
山の雪がとてもきれいでした。

もへじ窯の前もご覧のとおり。
yuki02.jpg

上の2枚と、看板作りの写真撮影はおなじみの「薫製や」ことH井さんですが、そのH井さん、なんと、この春転勤されて、以前のように、毎週お顔を拝見するのが出来なくなってしまいました。本当に寂しい限りです。

上山田周辺にホタルが飛び始めています。
「今年はいつもの年より少し遅いかな〜」とT.M本さんがおっしゃってましたが、今月の終わり頃がピークでしょうか。
今年もまた、ホタルの乱舞が見られるのが楽しみなイノマタでした。
では、また。

6.14.'10 猪股記

posted by どっぽ村 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸