2009年11月11日

にわか大工の陶芸工房作り その9

お久しぶりのイノマタです。

9月、10月は休みの日に上山田に通い、建物が一応完成しました。
さっそく前回の続きから報告させていただきます。

9月5日(土)、庇の上の小窓4つに窓をはめました。
いちおう蝶番をつけて開閉出来るようにはしたのですが、止め金具の適当なのが見つからなかったので、とりあえず今年の冬の間は閉めきっておくことにしました。
uemado.jpg

翌6日(日)は部屋の壁に棚を取り付けました。
普段使う食器を置いたり、作品の陳列棚にも使うつもりで、欲張って高さいっぱいに作りました。
tana02.jpg

翌週はお休みして、シルバーウィーク中の20〜22日で乾燥棚の横に素焼した作品などを置く棚
tana03.jpg

ロクロ前に成型道具や水などを置いておく作業台(棚)
tana04.jpg
を作りその後外壁の色塗。

22日の昼過ぎ外壁塗り完了。
sotokabe.jpg

ちょうど大戸洞舎の蕎麦の花がきれいだったのでおまけの画像です。
soba.jpg

建物はだいたい完成し、残るは水道と排水の工事。
水道をつなぐ前に流し台を据え付け、カランを取りつけ、壁にステンレスの板を張る。
nagashi.jpg

10月に入りそろそろ冬の準備とゆーことで、ストーブと煙突を買い、据えつける。
stove01.jpg

10月の下旬、給水管、排水管の取り付けも松本師匠の全面的な協力(とゆーよりおまかせ)で無事終了しましたがデジカメを忘れて画像がありません。

11月1日(日)前の週から作りかけていた作業台を仕上げ、
sagyoudai.jpg
工房作りは一応終了しました。

5月30日の棟上げから、ほぼ4カ月、失敗の連続でしたがなんとか完成にこぎつけました。
この間、ご協力くださったどっぽ村関係者、おせんどさんのメンバー、また、ワークショップに参加された皆さまに心よりお礼申し上げます。
特に、松本師匠、清水棟梁お二方のご指導、ご協力ほんとうにありがとうございました。
また、毎週お手伝いに来てくれた燻製屋ことH井氏にはお礼の言葉もありません。
これからは土いじりを一緒に楽しみましょう。

なるべく早く、皆さまにも工房にて陶芸を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
準備が整い次第、詳細をお知らせいたしますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

とゆーことで、「にわか大工の陶芸工房作り」はこれでいったん終わりにします。
今後は、「もへじ窯陶芸倶楽部だより」とゆーことで続けさせていただきますのでどうぞよろしくおつき合い下さいませ。

では、また・・・

11.11.'09 猪股記

posted by どっぽ村 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸

木工ワークショップ

こんにちは!

今日はとってもいいお天気で、
綺麗に赤や黄色に染まっている山の景色が
ぐっと目の前に迫って来る美しさの上山田どっぽ村です。

22日におこなわれた木工ワークショップ。
ご参加頂いたみなさま、本当にありがとうございました!
雨が午後から降り出して、かなり冷え込みましたが
風邪などひかれていませんか?


わたしは、、、、
オーバルボックスを作った充実感でほっこりしています...!





今回のオーバルボックスの材料の木は、ナラ。

本来は、素材を蒸して、型に合わせて乾燥させる行程が
あるのですが、今の季節に曲げる作業の行程から始めて
一日で仕上げることは難しいそうで、
今回は、予め黒川さんが素材を曲げる行程だけを仕上げて
おいて下さいました。

その素材を先ずは、

スワロウテール、とよばれる接合の部分を樹脂で接着して、、、
電動のドリルで、そこに穴をあけて、、、
銅の釘を通し、止めます。
その止め方は、釘の先をきり、金槌で叩くという方法。

止め方も色んな方法があって、面白いですね。
たけぐしを切って、先を磨き、穴に埋め込むような方法も
作業工程にありました。
どちらも、なかなか細かな作業で、綺麗に目立たないように
止めるにはこんな方法があるんだな..!と新たな発見でした。

天板を楕円の中に入れるサイズに磨くのは
なかなか合わず、随分時間もかかりました。

磨いて磨いて、油をぬって、、、。

そうやって、
黒川さんの丁寧な指導のもと、手を動かし、
(わたしは口もあちこちへ動いていましたが....^ ^;)
みなさんと「あ〜したほうがいいらしい、
こうしたほうがいいらしい」と相談したり。


あっという間やってきた日の暮れる時間のころには、
手元には、
手をかけ完成した、オーバルボックスが!
自分の手を使って作った充実感と愛着が
たっぷりとあります。。。



教えて頂きながら、自分の手を動かせば、
これだけのものが作れるんだなあ......
と感動しました!



次回も、木工ワークショップは続きます!
12月も開催予定です。
こんどは、木のカトラリー(スプーン・ホーク・皿の三点セット)製作です。
とても解りやすく丁寧に黒川さんが教えてくださるので、
安心ですよ!

ご参加、お待ちしています。



そういえば、
22日には、猪股さんの陶芸工房からも煙突の煙が
上がっていました。
覗きに行くと、ワークショップに向けての
試運転が開始されていました!
陶芸のワークショップも、準備されています。
とってもいい雰囲気です。。。


ぼちぼちと動き出した、どっぽ村の
クラフト工舎です。


text:ナナコ



RIMG0006.JPG


RIMG0018.JPG

RIMG0023.JPG

RIMG0027.JPG
posted by どっぽ村 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記