2009年09月08日

にわか大工の陶芸工房作り その8

お久しぶりのイノマタです。

9月、10月は休みの日に上山田に通い、建物が一応完成しました。
さっそく前回の続きから報告させていただきます。

9月5日(土)、庇の上の小窓4つに窓をはめました。
いちおう蝶番をつけて開閉出来るようにはしたのですが、止め金具の適当なのが見つからなかったので、とりあえず今年の冬の間は閉めきっておくことにしました。
uemado.jpg

翌6日(日)は部屋の壁に棚を取り付けました。
普段使う食器を置いたり、作品の陳列棚にも使うつもりで、欲張って高さいっぱいに作りました。
tana02.jpg

翌週はお休みして、シルバーウィーク中の20〜22日で乾燥棚の横に素焼した作品などを置く棚
tana03.jpg

ロクロ前に成型道具や水などを置いておく作業台(棚)
tana04.jpg
を作りその後外壁の色塗。

22日の昼過ぎ外壁塗り完了。
sotokabe.jpg

ちょうど大戸洞舎の蕎麦の花がきれいだったのでおまけの画像です。
soba.jpg

建物はだいたい完成し、残るは水道と排水の工事。
水道をつなぐ前に流し台を据え付け、カランを取りつけ、壁にステンレスの板を張る。
nagashi.jpg

10月に入りそろそろ冬の準備とゆーことで、ストーブと煙突を買い、据えつける。
stove01.jpg

10月の下旬、給水管、排水管の取り付けも松本師匠の全面的な協力(とゆーよりおまかせ)で無事終了しましたがデジカメを忘れて画像がありません。

11月1日(日)前の週から作りかけていた作業台を仕上げ、
sagyoudai.jpg
工房作りは一応終了しました。

5月30日の棟上げから、ほぼ4カ月、失敗の連続でしたがなんとか完成にこぎつけました。
この間、ご協力くださったどっぽ村関係者、おせんどさんのメンバー、また、ワークショップに参加された皆さまに心よりお礼申し上げます。
特に、松本師匠、清水棟梁お二方のご指導、ご協力ほんとうにありがとうございました。
また、毎週お手伝いに来てくれた燻製屋ことH井氏にはお礼の言葉もありません。
これからは土いじりを一緒に楽しみましょう。

なるべく早く、皆さまにも工房にて陶芸を楽しんでいただけるようにしたいと思っています。
準備が整い次第、詳細をお知らせいたしますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

とゆーことで、「にわか大工の陶芸工房作り」はこれでいったん終わりにします。
今後は、「もへじ窯陶芸倶楽部だより」とゆーことで続けさせていただきますのでどうぞよろしくおつき合い下さいませ。

では、また・・・

11.11.'09 猪股記

posted by どっぽ村 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸

9/26(土) 大戸洞舍収穫祭

odofuran9_26.jpg



昨年は、秋のイベント出店のため、夏祭りでしたが、
今年は、秋のお祭り。

大戸洞舎の収穫祭です。


今年は、長雨が続いたり、涼しい日が続いたり
お米にとっては、過酷な天候でしたが
無事収穫を迎えています。


秋の涼しい夕方〜夜。

みなさんのお越しをお待ちしています。

posted by どっぽ村 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記